海外でインターネットを利用するなら海外Wi-Fiレンタルがおすすめ!

>

海外でインターネットを利用するには

Wi-Fiと他の無線LANの違い

無線LANとは、ケーブルなどで機器をつながずに、ワイヤレスでインターネットに接続できるシステムの事です。

Wi-Fiは、Wi-Fi_Allianceという団体の認証を受けた無線LANを指していて、Wi-Fiは無線LANの一種なんです。
わかりやすく言うと、無線LANがスポーツウェアだとすると、Wi-Fiはアディダスのスポーツウェア・・・といったかんじでしょうか。

現在使用されている無線LANのほとんどはWi-Fiと言われています。
ですので、無線LAN=Wi-Fiと考えてしまってもよいかもしれません。

Wi-Fiの使用方法は、親機を自宅に設置して自宅でWi-Fiを使ったり、外出先でも、Wi-Fiの利用できるスポットでならWi-Fiを使用できます。
Wi-Fiスポットには無料で利用できるところと、有料のところがあります。
ルーターを持ち歩けば、どこでもWi-Fiを利用できます。

Wi-FiとLTEの違い

Wi-Fiはパソコンなど、携帯電話以外の端末でも利用できますが、LTEは携帯電話のみで利用できるシステムです。
なぜなら、LTEは携帯電話の会社が提供している通信網だからです。

通信速度に関しては、LTEよりもWi-Fiの方が早いです。
しかし、Wi-Fiは基本的にルーターの無線が届く範囲でしか使用できないので、使用範囲は限定されてしまいます。

一方、LTEはそもそも携帯電話会社が外での通話の際に使用する無線システムとして開発したものなので、外出先でも安定して電波を受け取る事ができます。
Wi-Fiよりも通信速度は劣るものの、広い範囲で安定した電波でインターネットを利用できるのがLTEの特徴と言えるでしょう。


TOPへ戻る